お電話でのお問い合わせ

03-5822-1888

ランヤード

ランヤードについて

◦ランヤードのフックを掛ける際は、できるだけ高い位置、堅固な構造物、親綱、単管パイプなどに掛けてください。
◦ランヤードのフックは、万が一墜落した際、壁や構造物などに激突しない場所に掛けてください。
◦制限重量を超えてのご使用はおやめください。
◦ランヤードは使用前に必ず点検をしてください。

ランヤードの選び方

第一種・第二種ショックアブソーバーについて

第一種ショックアブソーバー
腰の高さ以上にフックを掛けて使用する場合は、
第一種ショックアブソーバーを使用します。
(足元にフックは掛けられません)

第二種ショックアブソーバー
鉄骨の組立や、足場を組む際、足元にフックを掛けて使用する際に
第二種ショックアブソーバーを使用します。
(腰の高さ以上、足元にもフックを掛けて使用できます)

フルハーネス用ランヤード
タイプ1ランヤード

・フックはアルミ合金を採用した軽量タイプです。

※装備品を含めた体重が、100kg を超えた場合、別途ご相談してください。

巻取式シングル
ランヤード
(ロック装置あり)

 

 

 

巻取式2丁掛け
ランヤード
(ロック装置なし)

 

 

 

蛇腹式シングル
ランヤード

 

 

 

蛇腹式2丁掛け
ランヤード

 

 

衝撃吸収ストラップ式ランヤード

 

 

 

平ロープ式シングル
ランヤード

 

 

フルハーネス用ランヤード
タイプ2ランヤード

・フックはアルミ合金を採用した軽量タイプです。

100kgまで対応します。(体重+装備品)

巻取式2丁掛け
ランヤード
(ロック装置なし)

 

蛇腹式2丁掛け
ランヤード

 

130kgまで対応します。(体重+装備品)

衝撃吸収ストラップ式2丁掛けランヤード 130kg対応品

 

蛇腹式2丁掛け
ランヤード
130kg対応品

 

TOPに戻る